ユピテルのカーナビのタッチパネルが右にズレてしまった時の対処方法

ユピテルのカーナビのタッチパネルが右にズレてしまった時の対処方法

SPONSORED LINK

先日、おじさんからユピテルのタッチパネルが効かなくなった(おかしくなった)と相談されて
いろいろ触っているうちに直った経緯を記載します。

まず、症状としては
押した場所より左側のボタンが反応してしまうので、

一番右側の矢印ボタンや、文字変換、その他の右側ボタンが動かなくなってしまっていました。

これだとナビとして全く使えなくなってしまっていたのですが、
説明書をじっくり見てみると

タッチパネル補正という機能がありました。

しかし、
そこまでいくのが大変でした。

なぜなら、その補正機能は、設定⇒システムの中にあるんですが

システムの中の画面に入ってから
下矢印で2つくらい先の画面にあるので、

画面右側にある下矢印が反応しない現状では
タッチパネル補正の画面にすらいけないのです。

これはまじで、ユピテルさんの設計ミスだとおもいました。
タッチパネル補正をするのに、

そのタッチパネルでしか、
その画面へいけないのはおかしいですよね!

でも、

それでも粘って、
爪の先で、一番右端のほうとかをチョンチョンあちこち触っていると、

偶然1点ほど反応する場所をみつけ、
それで、タッチパネル補正画面に行くことができました!!!!!!!!!!

あとは、画面の指示に従って、
補正をするだけ!!

見事、元通りに使えるようになりましたよ~!!!(^^)
よかったよかった!!

ポチッ☆とクリックお願いします!
↓ ↓ ↓

  • にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOP